FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんな論文や1

訳さなならん論文の概要部分



Abstract

Common bermudagrass, Cynodon dactylon, is a widely used warm-season turf and forage species in the temperate and tropical regions of the world.

Improvement of bermudagrass via biotechnology depends on improved tissue culture responses, especially in plant regeneration, and a successful scheme to introduce useful transgenes.

When the concentration of 6-benzylaminopurine was adjusted in the culture medium, yellowish, compact calluses were observed from young inflorescence tissue

culture of var.

J1224. Nine long-term, highly regenerable callus lines (including a suspension-cultured line) were subsequently established, of which six were used for

biolistic transformation.

Five independent transgenic events, with four producing green plants, were obtained

following hygromycin B selection from one callus line.

Three transgenic events displayed resistance to the herbicide glufosinate, and one of these showed _- glucuronidase activity since the co-transformation vector used in the experiments contained both the gusA and bar genes.



概要:バーミューダグラス(ギョウギ芝属)は春(の時期によく生えるって意味?)の芝で、飼料種として温帯や熱帯区域に広く使われている。

バイオテクノロジーを通したバーミューダグラスの改良、改良されたバーニューダグラスの組織培養の結果が、植物体再生、そして導入遺伝子の成功に役立つ。

濃縮した6‐ベンジルアミノプリンを調整した培地で、若い花序から組織培養したものを黄色がかった小型のカルスの時に観察した。

長期にわたる結果(?)高再生カルス系(懸濁培養したものを含む)の確立(照明)に続き、これらの中から六つを形質転換に利用した。

5つの個別の形質転換現象で、4つは緑色の植物(この場合、おそらく正常な芝のこと。緑色の葉って意味?)を生産し、ハイドロマイシンBに伴う一つのカルス系を入手した。

三つの形質転換の結果はグルホシネート除草剤(グルタミン酸合成酵素阻害)耐性を示し、一つは、Co‐トランスフォーメーション(形質転換)ベクター(媒介)に使われる Bar genesとGusAの両方を含む実験により、グルコニダーゼ(酵素)動作を示した。



うーん……自信ねぇ(-_-;)

意味わかる???

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

除3ヌ

Author:除3ヌ
出張版です

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。